雰囲気満点の新店舗「永田町マドゥレス」

最近、今までのお店が「ラム肉特化型」店舗となる例が出てきていますが、今回ご紹介する「永田町マドゥレス」もそのお店の一つ。2011年開店。競争が激しく入れ替わりが激しいエリアで、すでに9年間の実績があるお店です。スパニッシュ&イタリアンのお店でしたが、最近料理ジャンルを「ラム&スパニッシュ・イタリアン」とし、ラム肉メニューの強化を行ったということで、早速訪れて見ました。価格帯のお手頃さから、若者向けのお店かと思いきや、内装も調度もシックで落ち着いた雰囲気。一気に気持ちが高まります。コンセプトの「ちょっと大人の空間で、カジュアルにラムとワインを楽しめるお店」に納得です。

こちらのお料理で使うラムはもちろん「オージー・ラム」。世界で最も品質がよく、最も安全だからと考えてオージー・ラムを採用しているとのこと。お褒めの言葉、ありがとうございます。今回は、ラム肉の料理を色々と頼んでみましたので、料理中心でご紹介いたします。


▲これが、イチオシのラムチョップ

こちらのお店のイチオシがこのラムチョップ。大ぶりのラムチョップに4つの味。食べごたえ満点です。味は「パプリカ&オレンジ」「ソルト&ペッパー」「香草バター」「スパイスミックス」の4種類。どれも美味しかったのですが、オージー・ラム味がよく分かる「ソルト&ペッパー」が特におすすめです。どれも食べごたえがあり、柔らかくて美味しかった! 羊に限らず、肉は骨まわりが美味しいのでラムチョップを齧りながらですとお酒も進みます。こちらのお店はお酒も充実しており、その中でも特におすすめは自社直輸入スパークリング "Cava" Castell Roc Brut。350年以上の歴史あるワイナリーが届ける最高峰のスパークリングワインだそうですので是非お試しを!


▲イチオシ「ラムのスペアリブのコンフィ チリコンカネル」

そして、同行者満場一致で「これいいよね!」となったのがこちら「ラムのスペアリブのコンフィ チリコンカネル」。ラムのスペアリブは調理法によっては大変美味しい部位。この料理は脂身が多く羊の骨の周りの肉の旨さがあるスペアリブの魅力を余すところなく発揮。柔らかで骨離れが良く、スパイシーな味付けもベストマッチ。これで、1本380円なのが驚きです。


▲ローズマリー香るラム肩ロースの一口カツレツ

ラムチョップの味付けなどにもよく使われる「ローズマリー」の風味が生きるカツレツ。ラムは揚げても美味しいお肉。トマトソースとの相性も抜群です。


▲このテラスが素敵なのです。

そして、このお店は全体的に雰囲気がすごく良く、特に季節が良いときはテラス席が最高です。永田町の夜空を見上げながらついつい長居をしてしまいました。価格もお得感があり、雰囲気もご覧の通りよく、そして羊がうまい。羊好きのみならず、多くの方に訪れて欲しいお店です。

【店舗詳細】

●店舗名:永田町マドゥレス
●TEL:03-3261-4484
●料理ジャンル:ラム&スパニッシュ・イタリアン
●Eメール:madurez@opefac.com
●住所:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-1 森タワー1F
●営業時間
[ランチ]11:30~14:30
[ディナー]17:00~22:00
●定休日:なし
●座席数:74席
●個室の有無:なし
●禁煙席有無:全席禁煙
●開店年月日:2011年3月
●URL:http://www.opefac.com/store/madurez/index.html

この記事を書いた人

ラムバサダー特派員

ラムバサダーとはメンバーの22名だけではありません。ラム肉を愛する人ならだれでもラムバサダーなのです!
日本中に散らばる多くのラムバサダーたちが「ラムバサダー特派員」です。
彼ら多くの「ラムバサダー特派員」が、様々な切り口でラム肉愛にあふれるお店を紹介していきます。