二階建て構造の鍋で楽しむラムしゃぶ&ジンギスカン! / 羊のロッヂ(西早稲田)

ジンギスカンのお店は数あれど、ジンギスカンとラムしゃぶが同時に味わえる店は数少ない。言葉通り、本当に同時なのだ。羊のロッヂの鍋は独特で、真ん中の鉄板を取り囲むようにして鍋の部分がある二階建て構造で、鉄板で焼かれた肉の脂が周りのお堀のだし汁に溶け込む仕組み。この構造を考えた人は天才か、またはとても欲張りな人である。鉄板に残った脂は野菜に染み込ませて食べれば、ラム肉の美味しさを丸ごと味わうことができる。


▲この独特の鍋がこのお店の特徴なのだ。

羊のロッヂのラム肉はオーストラリア産で、甘みと旨みはもちろん、他の産地よりも個体が大きいため、ラムチョップなどボリュームも満足できる。ジンギスカンでは肩ロース、しゃぶしゃぶでは厚切りラムしゃぶが定番だが、これで満足することなかれ。タレに一晩漬け込んだラム肉を炒めて香辛料と絡めてパクチーをどっさりのせる「ラムパクチー」はマスト注文メニューである。レモンピールの入った氷にレモン果汁、シロップを加え強炭酸水で割った「ロッヂのレモンサワー」で口をスッキリさせれば、もっといろいろ食べたくなりそうだ。アルコールが飲めないひとも、ノンアルコールの「ロッヂのレモンスカッシュ」を。


▲これがロッヂのレモンサワー!


▲これがラムパクチー!

メニューは外国語表記があったり、イスラム教徒が食べられるハラルにも対応していたり、さらに近くにできた2号店の「隣のロッヂ」では、ムスリム用の祈祷室もあるという。国境も宗教も超えて、みんなでラム肉を楽しめる場を提供してくれるお店である。


▲カジュアルな店内は若い人も多い。

【店舗詳細】

●店舗名:羊のロッヂ
●電話番号:03-6457-3929
●料理ジャンル:ジンギスカン、ラム料理
●住所:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-19-3
●営業時間:17:00〜23:00(L.O. 22:30)
※土日ランチあり 11:30〜14:30(L.O. 14:00)
●定休日:月曜日
●座席数:20席
●個室の有無:無
●禁煙席有無:全席禁煙
●開店日:2017年3月22日
●URL:https://www.hitsujinolodge.com/