その味わいに食のプロたちも思わず唸った!スペシャルなラム料理を囲む飲食業界の異ジャンル交会!

6月28日(日)、東京・神田にある中国東北料理の名店「味坊」で、ラムバサダープロジェクトの初の本格イベントとなる「ラム×スパイス勉強会@味坊 Vol.1」を開催しました。

集まったのは、中華やフレンチ、ラーメン店の料理人や、飲食関連のメディア関係者の方々など20名あまり。そんな食のプロたちを迎え撃つのは、「味坊」の梁宝璋(リョウ ホウショウ)氏、フレンチの小林直矢シェフ、モダンオーストラリアキュイジーヌの福田浩二シェフからなる、その名も “ラムバサダー三銃士” です!

そんな腕利きラムバサダー3人が目の前で調理するラムの肩肉と多彩なスパイスを自在に組み合わせたスペシャルレシピに、参加者の皆さんも大注目。写メを撮る人、メモを取る人、そして熱心に質問する人、とその表情はまさに真剣そのものでした。

続いて、出来たてのラム料理や「味坊」自慢の逸品を囲んでの親睦会がスタート。同じ業界で働く参加者の皆さんには、リラックスした雰囲気の中で、賑やかに交流を深めていただきました。

こうして大いに盛り上がったラムバサダープロジェクト初のイベント。こんな楽しくてタメになるイベントを続々と展開していくラムバサダープロジェクトのこれからに、どうぞご期待ください!