1950年代より続く伝統の味、それが「紙やきホルモサ」/元祖紙やきホルモサ本店(日本橋)

じつは、以前より羊のお店を検索するときによく検索に引っ掛かり、気になっているお店の一つがこちらの「元祖紙やきホルモサ本店」でした。

まず、紙やきホルモサですが、このお店で開発された料理で、唯一無比。そりゃ聞いたことない料理なはずです。どのような料理かと言うと、「28種類の素材をブレンドした秘伝のタレを和紙の上に敷き、お肉と野菜をたっぷり入れて煮込むように焼き上げた」料理で、本当に金網を鍋の形にしたものに和紙を引いて焼くのですが、和紙が焦げないのが見ていて不思議でしょうがありませんでした。

そして、写真を見た方は「みそ味かな」と思うでしょうが、これが全く違う。野菜ジュースにたっぷりナッツ、スパイスで作る3代続く秘伝のタレだそうで、本当に風味豊かでご飯に思い切りあう味なんです。

こちらのお店のお肉は3代前からオーストラリア産の羊肉を使用。オーストラリアの羊肉で作るのが紙やきホルモサの伝統なのだそうです。オーストラリアのマトンのしっかりとした骨太の味と、風味豊かなタレの相性は抜群を通り越して、怖いぐらい。未経験の方は是非味わっていただきたい料理です。文章でどんなに説明しても、あの深みのある味はなかなか伝わらないのです。

▲日本橋に堂々と翻る「ひつじ」の文字。見たことがある方も結構いらっしゃるのでは??

お店のこだわりとして、紙やきと言う独自の料理を引立てるドリンクを常に考えていらっしゃるそうで、グラスを工夫されたり、生ビールのサーバーの洗浄をしっかり行ったりと、お酒の種類が豊富な事もですが、見えないところへのこだわりはさすがです。

東京でマトンをメインにした一番古いお店ではないのか??ともいわれる「元祖紙やきホルモサ本店」。羊好きでしたらまずは、その舌で経験してほしいお店です。

【店舗詳細】

●店舗名:元祖紙やきホルモサ本店
●電話番号:03-3272-1191
●料理ジャンル:日本橋の紙なべ
●メール:horumosa@gmail.com
●住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-10-2
●営業時間:
[ランチ]11:00~14:00(L.O. 13:30)
[ディナー]17:00~23:00(L.O. 22:00)
●定休日:土・日・祝日、GW、お盆、年末年始
●座席数:28席
●個室の有無:無
●禁煙席有無:無
●開店日:昭和30年
●URL:http://horumosa.com/